失敗談

「引越し業者の見積もりは手間でも複数社、そして訪問形式が確実だった…」

引越し経験者
引越し経験者
私が依頼した会社は、

『ベスト引っ越しサービス』

引越しする前はどんな悩みがあった?

同棲開始のため、1Kの社宅住まいから2LDKのマンションへの引っ越しでした

ふたりとも持っている家電や荷物のうち、どちらが何を捨てるかで話し合いを何度もしました。

特に大型家電は廃棄するのにお金と手間が掛るので、話し合いはとても重要です。

わたしの場合この話し合いを十分できたので、新生活にあたって追加で購入する家電はほとんどなく、結果的に費用を少なく抑えることができました。

今となってはカーテンくらい新調すればよかったかもとおもいます。

家

「引越し」に至ったきっかけは?

わたしは社宅がある職場に数年務めており、住居費が掛らないことに非常にメリットを感じていました。

そのため相手方から同棲したいと言われていたのを数年先延ばしにしていました。

ところがわたしが転職することになり、社宅を出る必要がでてきました。

そのタイミングで「では同棲しますか」

ということになり、相手方の職場に近い地域へと引っ越すことになりました。

たまたま職場の最寄りの沿線に良い物件があったので、引越すことになりました。

引越しで注意したポイントは?

段ボールの采配に気を付けました。

食器に〇箱、本に〇箱、衣類に〇箱使うとあらかじめ決めておき、

入りきらない荷物は処分するように心がけました。

また、リビングなら①、寝室なら②というように部屋の見取り図に番号を振っておき、

段ボールには優先度の高いものから①-1、①-2という風に書き込むことにしました。

これで荷解きが楽に進められました。

引越しを始めて劇的に生活が変わったことは?

引っ越しに伴う荷物整理は強制的な断捨離になるので、普段できない荷物の整理ができると感じます。

引っ越しが完了した後肝心なのは、荷解きを長引かせないということです。

人によってはいつまでも段ボールが未開封のまま生活をする方もいるようですが、

引越し翌日にはすべての荷解きが終わるくらいの心持が大切です。

そのために計画を立てて梱包することをお勧めします。

例えば食器の梱包の場合、使う頻度の低いものから詰めていって、最後に引っ越してすぐ使いたいものを梱包するのがよいです。

これから「引越しを考えておられる方」へのアドバイスを!

引越しの要は荷物整理です。

家電などは購入年数が若ければ、買い取ってくれる業者もあります。

一方で、これも捨てるのに費用が掛かるの?というものもあります。

自治体にもよりますが、わたしの場合はカーペットでした。

また引越し業者の見積もりは手間でも複数社、そして訪問形式が確実です。

電話見積が簡単そうですが、見落としている荷物があったりすると

手配するトラックの大きさが変わってきてしまい、当日思いがけず追加料金が発生することがあるそうです。

引越しするなら絶対に【サカイ引越しセンター】

サカイ引越しセンター
サカイ引越センターなら、たくさんのプランでお客様のニーズに合わせて選べます。
荷物内容の確認や当日の流れ、サービス内容の説明が群を抜いて的確なのでおすすめの引越し業者です。
あなたに合った最適な引越しプランをカンタンに探せますよ!
満足度評価 4.39点
こんな人におすすめ サービス・価格のバランス重視の人
見積もり 無料
キャンペーン 1kg700円相当の【ひとめぼれ】お米をプレゼント

詳細はこちら

複数の無料一括見積もりをしたいなら
→引越し達人セレクト

不用品の処分なら間違いなく【トップクリーン】

トップクリーン

24時間年中無休で出張可能!東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城の5県で対応!不用品が複数あっても安心の「載せ放題プラン」も充実しています。

作業保証書も発行しているので安心して不要品を処分できます。不用品回収がTV・新聞を見て依頼したという人が続出しています。

満足度評価 4.58点
こんな人におすすめ サービス・価格のバランス重視の人
見積もり・出費費 無料
予約 当日可能

詳細はこちら